【泉大津市・高石市】発火の恐れのある危険物のごみの出し方についてもう一度一緒になって確認してみましょう!

2019/01/28 09時00分

 

泉大津市・和泉市・高石市から排出された家庭系・事業系の可燃ごみを焼却処理しています泉北クリーンセンターで、ごみの中に有害ゴミであるライター、ガスボンベ、スプレー缶、電池などの発火性危険物等の混入が原因と考えられる火災や爆発事故が発生しました。

施設や機器が破損する大きな被害があったそうです。処理場で火災等が発生しますと、通常のごみ収集に支障をきたすこととなり、皆様に大変ご迷惑をおかけすることになってしまうかと思います。有害ごみを記載しています分別方法と違う方法で一緒に出すと、火災の原因となり非常に危険です。

(画像はイメージです)

去年、使用後のボタン電池で某ホームセンターで火災、また、使用後のガスボンベでの火災が発生しています。


火災や爆発の原因となる主な発火性危険物等の分別と出し方について、
市のホームページの表を参考にしてみてください。
また、物を検索して分別方法がわかるこのホームページもとても参考になります!
皆さまのご理解とご協力よろしくお願いいたします。

(それいゆさん2)

ジモネタ泉大津
ページの上へ