【泉大津】作品を募集中!繊維のまち・泉大津を全国にアピールしませんか♪最優秀賞の賞金はなんと〇〇万円!

ただいま泉大津市では第7回泉大津市オリアム随筆(エッセイ)賞の作品を募集していますよ。この賞の名称になっているオリアムとは、市の特産品である毛布・ニット・毛織物等を連想させる「織」と「編」に由来しているんだとか。

(画像・文章は泉大津市HPより引用)
前回の応募では海外を含めて全国各地からなんと513件もの作品が集まったそうですよ。泉大津市は、この賞を通じて市の名が全国に広がり地域がより盛り上がることを願っています!
生まれ育ったまちをエッセイにしてみませんか。最優秀賞はなんと賞金50万円!!
泉大津市民の方を対象とした泉大津市長賞も設けているようですよ。チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね♪

募集期間
 平成30年6月1日(金曜日)~9月28日(金曜日)
 ※9月28日(金曜日) 17時15分必着

応募作品
●衣服や繊維製品にまつわる思い出や感動したことなど、作品の中で”繊維製品”に触れる内容にしてください。
●応募者オリジナルの未発表と認められるエッセイで、日本語で書いたものに限ります。
また、他の賞などへの二重送稿された作品は不可とします。
※エッセイとは、暮らしの中で感じたこと、経験や意見を表現した文章をいいます。
●400字詰原稿用紙(A4)5枚。※4枚以下および6枚以上は不可。
●パソコンを使用する場合は、ワードの原稿用紙設定を20字×20行、文字の大きさは12ポイント程度、用紙の上下左右の余白はそれぞれ3センチ程度、右綴じ、縦書きでA4横判、下余白中央部分に通し番号(1~5)を記載。
※用紙の1行目に作品タイトルを、2行目から本文を記載してください。原稿用紙内に氏名の記載は不要です。
※詳しくは応募要領の6.応募作品の欄をご覧ください。

応募資格
 制限はありません。
 ※ただし、最優秀賞(オリアム随筆賞)受賞者を除きます。

応募点数
 一人2作品まで

審査
 最終審査については、次の選考委員により決定します。有栖川有栖氏、木津川計氏、難波利三氏、眉村卓氏(50音順)
 なお、審査・選考に関するお問い合わせには応じられません。

賞金等
●最優秀賞(オリアム随筆賞)  1作品  (賞金50万円・賞状)
●優秀賞           2作品  (賞金5万円・賞状)
●佳作           3作品  (賞金3万円・賞状)
●特別賞(泉大津市長賞)     1作品 (泉大津市特産品2万円相当・賞状)

発表
 平成30年12月ごろに泉大津市ホームページへ掲載し、平成31年2月号広報紙で発表(氏名、住所市区町村名及び年齢等)する予定です。

応募要領・用紙等も載っていますので、詳しくは泉大津市HPをご覧くださいませ。

(それいゆさん4)


2018/06/09
ゴーガイチケット泉大津・府中・忠岡
ページの上へ