【忠岡】奥の深い世界を覗きに、正木美術館に行きませんか?

(※画像はHPより引用)

忠岡駅下車徒歩15分、忠岡の素封家・正木孝之氏が長年にわたり収集した水墨画を中心とする東洋美術品を収蔵・展示している正木美術館。
収蔵品は国宝3点、重要文化財13点を含む1300点を数え、とくに絵画は、その多くが鎌倉、室町時代の水墨画で、貴重なものばかり。本館・新館とも正木氏自身の設計により、水墨画鑑賞にふさわしく静寂な雰囲気に包まれています。
そんな正木美術で現在企画展が開催中です。タイトルは、さわやかな水墨の名品展『筆墨清適』。水墨だけでなく、陶器なども展示されているようですよ。目の保養になること間違いありませんね。また、6月3日には講演会が企画されており、参加者を募集中だそうです。ご興味がある方はいかがでしょうか。

-講演会- 室町水墨画の魅力―禅僧が「淡明さ」をめざした理由―
◆日時:6月3日(日)14:00 ~ 
◆講師:太田孝彦氏(同志社大学名誉教授)
◆参加費:無料(※美術館入館者に限る)
◆定員:50名(※定員に達し次第締切)
◆会場:正木記念邸

(※文章はHPより引用)
土日、祝日は一服500円でお抹茶を頂けるそうですよ。ゆっくりと楽しめそうですね。
詳細は正木美術館HPをご確認ください。

正木美術館はこのあたり

大阪府泉北郡忠岡町忠岡中2丁目9-26

それいゆさん3


堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット6月号」はこちらから

ページの上へ