【高石】二所ノ関部屋の宿舎に行き、朝稽古を見学させていただきました。

まもなく、大相撲の大阪場所が始まりますね。

楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

3月に入り、各部屋の力士さん達も、大阪の宿舎へ移動してきています。

高石市にも、宿舎があります。

二所ノ関部屋高石宿舎 

二所ノ関部屋の宿舎です。

力士さん達は、大阪場所に備えて、宿舎で稽古に励んでおられます。

朝稽古の見学をさせていただけると聞き、見学してきました。

四股を踏んだり、ぶつかり稽古をしたりと、朝の早くから汗を流しておられました。

二所ノ関部屋カレンダー

見学している方も、皆、真剣な眼差しでした。

 

というのも、そもそも相撲とは、神様に奉納するための神事だったそうです。

神聖な格闘技だから、土俵の上では何よりも礼節が重んじられるとのこと。そんな神聖な場所を見学させていただいているので、余計な私語は厳禁なんです。

そのことを見学される方はわかっているので、私語もせず、真剣に稽古の見学をしていたのだと思います。

 

相撲は神事と書きましたが、横綱が土俵入りの際につけるまわしに、神社でよく見かけるしめ縄がついていますよね。

実はこれ、「横綱=ご神体」ということを意味しているそうですよ。

 

さて、お相撲さんの稽古には大きく2つあるそうです。基本運動とぶつかり稽古です。

基本運動とは「四股」「鉄砲」「股割り」「すり足」の4つです。

股割りで柔軟な体にし、四股を踏んで足腰を鍛えることで、ケガをしにくい体づくりをするそうです。

四股を踏むのは、土俵での儀式的なものだと思っていたのですが、体を鍛える意味もあったのですね。

 

そういえば「シコアサイズ」というのが話題になっていますよね。

相撲の四股を応用した体幹(コア)を鍛えるエクササイズ、ということから「シコアサイズ」と呼ばれているようです。

四股は一般人にも効果的な運動なんですね。運動不足解消にもいいと思います。

 

最後に、2018年の大阪場所について。

・初 日:3月11日

・千秋楽:3月25日

・会 場:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

 

 

二所ノ関部屋 大阪場所宿舎

場所 高石市千代田4-9-32

大阪府高石市千代田4-9-32

(おおつん)


【注目!!】堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり

「ゴーガイチケット最新号」はこちらから

ページの上へ