【泉大津】日本一の毛布のまち泉大津で羊さがしをしてみませんか?

LINEで送る

泉大津市内のあちこちで、羊の絵やモチーフが見られます。

まずはこちら。

泉大津駅から出るとパッと目に入る、モニュメント。

泉大津ひつじ

力強い羊のツノを表しているようですね。

フェンスにも羊のマークが。

泉大津ひつじ

 地面を見ると、マンホールにはかわいい羊の絵。

泉大津ひつじ

 これは、泉大津市のゆるキャラマスコット、おづみんです。

 

 

市役所に入ると、羊の壁面画が迎えてくれます。

泉大津の羊

ダイナミックな作品ですよね~。

 

 

となりには、温かそうなニット製品の展示があります。

こんなおしゃれな編み地のセーターもあるんですね。

泉大津の羊

これらのニットは、羊毛で作られているようです。

 泉大津と羊。

一体、どんな関係があるのでしょうか?

 

 

実は、泉大津市は、古くから毛布のまちとして栄えてきた町なのです。

明治20年、日本初の毛布が、泉大津で誕生しました。

始めの素材は、牛の毛だったそうです。

ゴワゴワした手触りで、外国製の柔らかい毛布からはほど遠かったそうです。

 

 

しかし、泉大津の人々はあきらめませんでした。

人々の粘り強い改良が実を結び、今のような柔らかく温かい毛布が誕生しました。

泉大津ニット

泉大津は、日本一の毛布のまちとしての、すぐれた技術が今後も期待されています。

詳しくは、泉大津の産業の歴史も合わせてご覧下さいね。

 

 

市内のあちこりで見られる羊のモチーフには、泉大津の人々の思いが込められているのです。

お出かけの際に、ぜひ、羊のモチーフを見付けてみて下さいね。

 

 

場所 大阪府泉大津市東雲町9-12

大阪府泉大津市東雲町9-12

(おおつん)


【注目!!】堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり

「ゴーガイチケット1月号」はこちらから!

 

LINEで送る

2018/01/08
ページの上へ