【関空】あわや大惨事!アムステルダム行きの旅客機から部品が落下し、大阪市内を走行中の車を直撃!

LINEで送る

先日、飛行機に関するショッキングな事故が発生しました。

0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_s
(※画像はイメージ)

関西国際空港を離陸したKLMオランダ航空868便から重さ約4キロの部品が落下し、なんと大阪市内を走行していた車の屋根を直撃しました。

Yahoo!ニュースによりますと、

 国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4.3キロ)を落下させたと発表した。大阪府警天満署によると、部品は同市北区西天満の国道1号を走行中の乗用車の天井を直撃したが、けが人はいなかった。

 同事務所などによると、同機は同日午前10時40分に離陸した直後、右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦横1メートル×0.6メートル、厚さ4ミリ)が落下。乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷した。運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=にけがはなかった。

氷の塊が飛行中の飛行機から落ちた、なんて話はたまに聞きますが、まさか1メートルの部品が落ちてくるとは…。

直撃した車は屋根がへこみ、後部窓ガラスが割れたそうですが、奇跡的に乗っていた2名にケガはなかったとのこと。離陸直後で高度がまだ上昇中だったためでしょうか。ケガがなかったのは本当によかったです。

しかしもしこれが貫通していたら、または通行人に直撃していたら、と思うとぞっとしますね…。

事故があったのは23日でしたが、発表されたのは翌日の24日でした。飛行機は問題なく飛行を続けたようなので、原因を特定するのに時間がかかったのかもしれません。

現在、国の運輸安全委員会の航空事故調査官が調査を進めているそうです。再発防止に向けてしっかりと対策していただきたいですね。

事故があったのはこのあたり。

大阪府大阪市北区西天満3丁目13-18

(それいゆさん7)


  【注目!!】堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット9月号」はこちらから!

LINEで送る

ページの上へ