【泉南】市のずさんな会計処理が発覚…回収不能額はなんと約241万円に。

LINEで送る

泉南市にて、ずさんな会計処理により学童保育の月額費用が一部未払いのまま処理されていたことが発覚、未払いの総額400万円のうち約240万円が時効により回収できなくなったようです。

20170907-00000005-kantelev-000-2-view
(※画像、文章はYahoo!ニュースより引用)

大阪府泉南市でずさんな会計処理が明らかになりました。
学童保育費などの未払い分が会計上「なかったこと」になっていたというのです。

【山本ゆうま議員】
「もはや返す言葉がありません。回収不能額241万5300円。これをいったいどうするのか」

7日開かれた大阪府泉南市議会。

そこで明らかになったのは過去7年にわたるずさんな会計処理です。

市は放課後に児童を預かる学童保育の費用・月額約5000円を毎月保護者からの振り込みで集めています。

市の会計上、この費用の未払い額は7年連続「ゼロ」で、毎年きちんと回収出来ていたことになっていたのですが、これには驚くような実態がありました。

未払い「ゼロ」の理由、それは実際に市に振り込まれた金額だけを「学童保育費」として計上し、未払い分は会計上「なかったこと」になっていたのです。

泉南市の調査によると、こうした処理は2010年度から7年間行われていて、その額は約400万円とみられ、このうち約240万円は時効により回収できなくなっています。

【竹中勇人泉南市長】
「この問題に関しましては、私も初めて聞いたときにはびっくりしたわけでございます。行政の中でまさかこういう事態になっているというのは想像もできなかったわけでございます。」

一体なぜ、このようなずさんな会計処理が行われていたのでしょうか?

【泉南市教育委員会・菊池智之教育部長】
「これまで担当者はそういった会計業務を担当したことがなかった。最後に納付された額に合わせて調定額を打つ(本来計上すべき額を決める)ということをすればよいと考えていた」

「担当者の知識不足」が原因だったと話します。

しかし、7日の議会では学童保育費以外にも6つの費用でずさんな会計処理があったことが明らかになりました。

市は今後、職員の研修を行うなどして再発防止を図るとしています。

未払いがあるにも関わらず督促も発覚もすることなく、なんと7年間も…。

そのカラクリは、学童保育利用者の保護者から振り込まれた金額だけを計上し、未払いの分は会計上「なかったこと」として処理されていたからだそう。たしかにこれだと未払いゼロですね(苦笑)

担当者が会計業務を担当したことがなかったため、という理由ですが、担当が変わる際にきちんとした引き継ぎも教育もされていなかったと認めているようなものですよね。一般企業であれば考えられないことです。

督促されることなく時効を迎えた金額は約241万円。言われるまでもなくきちんと費用を振り込んでいた保護者のみなさんにとっては、なんともモヤモヤする事実発覚となってしまいました。

今後職員の研修などで再発防止を図るそうですが、プロの収納代行業者などに委託したほうが良いのでは…と思ってしまいますね。

(それいゆさん7)


 【注目!!】堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット9月号」はこちらから!

LINEで送る

ページの上へ