大阪モノレールをさらに南へ伸ばしてほしい!要望書を提出。実現する日は…

LINEで送る

mono

(画像・文章はMBSニュースより引用)
大阪モノレール

 門真市から東大阪市まで延びる計画のある大阪モノレール。これをさらに南へ延ばそうと八尾市、松原市、堺市が要望書を提出しました。たとえ要望が通ったとしても実現は20年先かもしれません。

 

 1990年に開業した大阪モノレール。本線は大阪空港から門真市まで21.2キロを結んでいます。去年1月、府はこれを東大阪市まで約9キロの延伸を決定、2029年度の開業を目指しています。そして今月8日、計画にさらに声を上げたのが、八尾市、松原市、堺市です。要望書によると、東大阪から中央環状線を南へ美原北インターチェンジまで行き、南海堺駅まで西へ進む約22キロのルート。もし実現すれば、大阪空港から堺まで全長50キロの環状ネットワークが完成します。


とのことです。
要望が叶ったとしても20年先とのことでまだまだ先ですね。もうそのころには乗る機会がなくなるかも~と思う方もいらっしゃるかと思いますが。
先日お伝えしましたこちらの記事【関空】交通アクセスがアップしますよ~!なにわ筋線の誕生が待ち遠しい!と合わせて今後が楽しみですね♪

(それいゆさん4)


【注目!!】堺・泉大津・府中のクーポンてんこもり
「ゴーガイチケット6月号」はこちらから!

LINEで送る

2017/06/15
ページの上へ