【貝塚】貝塚市に、完全禁煙インターネット喫茶がオープン

LINEで送る

インターネット喫茶
@プレスより引用

@プレスによりますと、

京都府、大阪府、奈良県、滋賀県でカラオケを中心に大型アミューズメント店「あそびば」展開する株式会社ナビス(社長:中村 豪、本社:京都市西京区)は、2015年12月11日(金)、完全禁煙のインターネットカフェを大阪府貝塚市にオープンしました。


喫煙ルーム

「あそびば」
http://aso-viva.jp/


■あそびば貝塚店
席数は70席を超え、コミックの在庫も4万冊という大型店です。家族連れや女性客に快適な空間を提供するためには、店内を完全禁煙にすべきとの想いと共に、完全禁煙することにより未成年者の喫煙対策に繋がるのでは、との考えから完全禁煙のインターネットカフェといたしました。喫煙者の来店を拒むのではなく、喫煙者にはクリーンで快適な喫煙ルームを提供します。

喫煙ルーム
https://www.atpress.ne.jp/releases/84789/img_84789_1.jpg


■完全禁煙への想い
インターネット喫茶やマンガ喫茶へ来店する消費者の喫煙率は、全国平均の喫煙率19.3%(※)を大きく上回って、平均40%程度と推測されています。
昨今の受動喫煙意識の高まりにより、インターネット喫茶やマンガ喫茶も都道県の受動喫煙の防止等に関する条例の制定などにより分煙対策を講じている店舗は増加傾向にあるものの、完全禁煙の店舗は殆ど見受けられません。
世の中の多くの喫煙ルームは排煙機が真ん中にポツンとおかれて、立ったままで気忙しくタバコを吸うということが当たり前になっていますが、ここまで喫煙者のことを考えた喫煙ルームがあると、嗜好品としてのタバコを心置きなく楽しめます。

分煙スペースは、タバコを吸わない人も喫煙者に誘われ同席せざるを得ない状況をしばしば目にします。店内が全面禁煙で喫煙ルームがあると、喫煙者が吸いたくなった時に移動すれば良いので、非喫煙者の被害も最小限に食い止められます。また、店内を二分していてもガラス越しに見えるタバコの煙そのものへの不快感からも非喫煙者は救われます。

喫煙者は片隅に追いやられるのではなく、豪華なシャンデリアが出迎えてくれる喫煙ルームで周りに気兼ねなく思う存分紫煙をくゆらすことができます。分煙よりも喫煙者の立場も思いやる豪華な喫煙ルームの設置こそが双方にベターなのではないでしょうか。飲食業やサービス業の喫煙対策の先端をあそびば貝塚店は示しています。

※性別にみると、男性32.2%、女性8.2%

とのことです。
この取り組みは、喫煙者と非喫煙者両方に良い取り組みですね♪
このような取り組みがどんどん広がることを願っております♪

えべっさん

LINEで送る

ページの上へ