【貝塚】貝塚市の踏切事故で17日に書類送検

警察
時事ドットコムによりますと、

大阪府貝塚市の水間鉄道の踏切で2013年8月、普通電車と乗用車が衝突し、車を運転していた男性(31)が負傷する事故があり、府警は16日、水間鉄道の50代の助役ら2人が遮断機の不具合を放置したとして、業務上過失致傷容疑で17日に書類送検する方針を固めた。
 負傷した男性についても、一時停止せず踏切に進入したとして、道交法違反容疑で書類送検する方針。捜査関係者への取材で分かった。(2015/12/16-18:49)2015/12/

とのことです。
どちらにも落ち度があったようですが、遮断機の不具合を放置していたのは問題ですね♪
これを教訓に再発を防いで欲しいものです。

えべっさん

ページの上へ