【泉佐野】歴史観いずみさので、「大坂の陣と泉州・紀北~樫井合戦への道~」が開催されています♪

大阪夏の陣
泉佐野市HPより引用

泉佐野市によりますと、

会期: 平成27年10月17日(土) ~ 平成27年11月29日(日)
休館日 10月19日(月)・26日(月)・11月2日(月)・4日(水)・10日(月)・17日(月)
    ・24日(月)

 平成27年度(2015年)、は慶長20年(1615)の大坂夏の陣・樫井合戦から400年にあたります。慶長19・20年(1614・1615)の大坂冬・夏の陣は、徳川幕府と豊臣家の最終決戦にして、戦国の天下統一の戦争のフィナーレを飾った戦いでした。
 大坂夏の陣の最初の激戦のひとつが、泉佐野市の南中樫井における樫井合戦です。慶長20年4月29日、豊臣軍の塙団右衛門(ばんだんえんもん)・岡部大学と、徳川軍の浅野長晟(ながあきら)軍が樫井で戦いました。
 戦いは豊臣軍が敗れ、塙団右衛門・淡輪六郎兵衛重政・坂田庄三郎らが討ち死にしました。この後、徳川軍は大坂城を攻め落とし豊臣家は滅びます。
 今回の特別展は平成9年度に続く樫井合戦の特別展の第2弾です。樫井合戦は1日で終わった合戦でしたが、現在の泉佐野だけでの合戦ではありません。泉州・紀北の広い地域を巻き込んだ戦争で、多くの人々が樫井合戦に関わりました。
 特別展では泉佐野市の外にも視野を広げて、泉州・紀北における大坂の陣を紹介し、樫井合戦に至る大きな歴史の展開をたどります。

 

【主な展示資料】
・泉州樫井合戦絵図(模写・館蔵)
・泉州大坂冬御陣之図(大阪城天守閣蔵)
・泉州樫井八丁縄手絵図(大阪城天守閣蔵)
・浅野長晟本陣図(大阪歴史博物館蔵)
・浅野長晟書状(個人蔵)
・小堀政一書状(個人蔵)
・木村重成書状(個人蔵)

 ※本展覧会の開催に当たり、事前にお知らせしておりました、展示資料のうち、「浪速戦闘之図」につきましては、展示を見送らせていただきました。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

とのことです。
来年の大河ドラマでも大きく取り上げられるであろう、大阪夏の陣の舞台が、泉佐野市にも存在するのをご存知でしたか?
11月29日まで開催しておりますので、是非ご来場ください!

えべっさん

2015/10/20
ゴーガイチケット泉大津・府中・忠岡
ページの上へ