貝塚の「ビストロきたの」がリニューアルオープン!

LINEで送る

貝塚で31年間愛されてきた「ビストロきたの」が10月2日に新しく「ル・コションドール・キタノ」として生まれ変わります。
店名はフランス語で「金の豚」の意味で、幸せのシンボルだそうです。
さっそく見てきました。
IMG_1119
外観は「ビストロきたの」の名残があります。
中はまだ準備中でしたが、ずうずうしくもお邪魔しました。
IMG_1123 
カウンター内でおられるのが、代表の北野雅之さんです。
フランスでは「シャルキュトリー」と呼ばれる豚肉加工品が日常的に食されているそうです。
北野さんは、その「シャルキュトリー」に魅せられ、泉州でももっと知ってもらいたいとのこと。
素材にもこだわり、「ビストロきたの」時代から愛用している「白金豚」と、地元犬鳴山の「犬鳴ポーク」をメインに各地の豚を使用。
また香草や野菜、レモンなども地元貝塚のものを使用し、地産池消に努めておられます。
メニューはこちら↓
メニュー
どれもそそられます。
中でも1日限定5食のクスクス「メルゲーズ」。
メルゲーズは北アフリカのソーセージで、一度食べると病み付きになるそうです。
限定とか言われたらむっちゃ気になる~!

ここでしか味わえない、手作りの本格派「シャルキュトリー」いかがでしょうか?
お持ち帰りもできるそうです。ご家庭でも本場の味を是非!
時間はランチタイムが11:30~15:00(ラストオーダー14:00)
ディナーが18:00~22:00(ラストオーダー21:00)です。
定休日は木曜日。水曜日のランチは予約が必要です。
場所はこちら↓

大阪府貝塚市畠中1-2-23

えべっさん

 

LINEで送る

2014/09/26
ページの上へ